ダイエット中は朝の食事を抜く人も多いと思いますが、調べてみると「食べても食べなくてもOK」と言われているようですね。

ただ、ダイエットの効率を上げるなら、食べた方がいいのかもしれません。

まず、朝食を抜くことのメリットは摂取カロリー量を減らせることです。
ダイエットの基本は摂取カロリーの制限、そしてそれ以上のカロリーを消費することですから、食べないことはダイエットにとってはプラスとも言えます。

ですが、空腹を感じている時間が長いと、体は飢餓状態であると認識して、次に食べるものを脂肪に変えて蓄えていくようにしてしまいます。
痩せるために朝食を抜いたのに、そのせいで太りやすい体質に変わっていってしまうのです。

朝食を食べることで体調を崩す人もいますので、そういう人は無理に食べていく必要は無いと思いますが、食べないよりは食べた方がダイエットを進めていきやすくなるはずです。
昼食のドカ食いや早食いを回避することが出来れば、それもダイエットにとってはプラスですからね。

朝食は一日の内で、一番量を食べても問題無いと言われていますので、無理をして朝食を抜いている人は食べてみてはどうでしょうか。
食べてしまうことに不安を感じているなら、階段移動やダイエット系サプリを利用してみるのもいいと思いますよ。

PR